Copyright © Matsshita CO., LTD. All rights reserved.

非常用発電機の重要性

火災などが発生し、電力会社からの電源供給が途絶えた場合、設置している防災設備が動作できないことが考えられます。一定規模の建築物には、火災を消火したり、人が煙に巻かれないように、スプリンクラー、屋内消火栓、排煙機などの防災設備が設置されます。これら防災設備は「火災で停電になったので使えない」という事にならないよう、防災設備専用の非常電源が必要になります。

非常用発電設備の重要性

​消防法・建築基準法で定める防災用設備

  • スプリンクラー

  • 連結送水管

  • 誘導灯

  • 非常用エレベーター

  • 防火戸・防火シャッター

  • 自動火災報知設備

  • 室内消火灯

  • 非常用照明

  • 排煙設備

※建物によって設置設備が異なります。

オフィスの経営に必要な設備

  • コンピューター、サーバー、照明など

  • オフィス機器(電話、FAX、プリンター、複合機)など

  • 冷蔵庫、湯沸かし器など

オフィスビルで使えなくなるもの(例)

電気のスイッチ式で制御するものは止まります。またコンセント系の電気機器は基本的に全滅です。水道・エアコン・暖房また固定電話やエレベーターなど電気がなければほとんどのものが機能しなくなります。

電気が使えなくなるとどうなうか?

消防法・建築基準法で定める防災用設備

  • スプリンクラー

  • 連結送水管

  • 誘導灯

  • 非常用エレベーター

  • 防火戸・防火シャッター

  • 自動火災報知設備

  • 室内消火灯

  • 非常用照明

  • 排煙設備

※建物によって設置設備が異なります。

医療・治療等に必要な設備

  • 人工呼吸器、心電図監視装置などの重要ME機器、照明など

  • 生命維持装置など

  • 手術灯など

  • 病院内ネットワークなど(電子カルテ等情報ネットワーク)

病院で使えなくなるもの(例)